広く青い空フェチ・三太の山行記録や旅行記です★☆


by santa31_07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


20171112日 日曜日 快晴


長女の学年のお友達、3家族9人(小学51人、2年生3人、年中1人)で爽やかな青空の下、

お気軽ハイキングに行ってきました。

f0131721_05003679.jpg

久しぶりの電車での日帰り山行で5:15武蔵小金井集合、6:47猿橋駅から歩行開始!


長女の学年でのハイキングでは、たいてい次女が一番のちびっこで、

だから当然足を引っ張る役割であったが、

10月に天狗岳に登頂出来たために、かなり天狗になっている次女。


今回のハイキングの話が出た時も、一緒に行くお友達のお父さんに

天狗に登ったことを話しておいて、と注文を付け、

もうどこでも登れる、日帰り山行なんて山じゃない、

お泊りじゃなくちゃいやだ、くらいに豪語している次女。

f0131721_05012130.jpg

あー、なんだかその台詞、どっかで聞いたことあるなぁL


毎度のことながら久しぶりなので、この時期の暑さ・寒さの程度が分からず、

身体が温まるまでは随分寒いなあ、

この標高でこの寒さじゃ、月末に丹沢山行を妄想していたけど

やっぱり子連れでこの時期は無理か、と諦める.

f0131721_05015433.jpg

次女の発破かけ役は相方に任せ、若干おませな5年生女子とおしゃべりしながら歩き続ける。

あと3年したら長女もこんな風になるのかなぁと思うと、楽しみなような怖いような…。


貸切状態で御前山へ到着。

f0131721_05041078.jpg
あれ~、もう着いちゃったの、という感じ。

f0131721_05021371.jpg

青空に映える富士山がきれい!

f0131721_05023275.jpg

ここから次女を託される。

f0131721_05025185.jpg

立ち止まって落ち葉を拾ったり、きのこを見つけては動かなくなったり、と

家族だけなら彼女のペースで歩けるが、

彼女が止まると後ろの7人も止まってしまうので、

先頭を歩くリーダーには「気にしないで、時間はたっぷりある」と言われても、

気が競ってしまいイライラ、イライラ…精神的な疲れが倍増。

f0131721_05033040.jpg


一方、後ろを歩く2年生3人組はなぞなぞの応酬が止まらない。

次から次へとなぞなぞだか、なんだかよくわからない問題を出し合って、

きゃあきゃあ盛り上がっている。

3人のうち、ひとりは男の子で、その上、小学校が違うので久しぶりに会ったのだが、

それを感じさせず、3人ともとても楽しそう。

f0131721_05054708.jpg

お友達と一緒だから、ほとんどこっちには寄って来ず。

f0131721_05050728.jpg

えっちらおっちら、馬立山に到着。

f0131721_05052895.jpg

ここでお待ちかねのラーメンランチ、山頂でのラーメンの美味いこと、この上なし。


今回はみんなたっぷりおやつを持参しており、休憩の度にみんなに振舞ってくれて、

お腹がすいてないのになんだか毎度食べてしまったので、

たぶん消費の8倍くらいの摂取をした感じL

f0131721_05062177.jpg

落ち葉がたっぷり、ふかふかの道をすっ転びながらも、みんな大きな怪我もなく田野倉駅に到着


大月駅から始発の中央線に乗り、大人も子供もたちまち爆睡、

武蔵小金井に17時頃到着。


風は冷たかったもののお天気に恵まれ、富士山も青空も綺麗な秋の1日、

子どもたちにとって愉しい遠足となりました♪


[PR]
# by santa31_07 | 2017-11-17 05:06 | | Comments(0)

子連れで天狗岳




お友達のSファミリーと、わたしの会社の後輩のMちゃんと一緒に本沢温泉~白砂新道~天狗岳に行ってきました。

f0131721_04583150.jpg
散々さかいややらICIやら、ハイカーズデポやら行きまくって悩んだ末に決めた
Osprey STRATOS50のデビュー戦です!

2017年9月30日 快晴

4時起床

南清里 道の駅でSファミリーと合流し、9:10本沢温泉に向けて出発!


f0131721_05015409.jpg
Sファミリーの子は3姉妹、上のFちゃんが長女と同級生、
真ん中のKちゃんが次女と同じ保育園、下のNちゃんが年少さん。

ご夫婦で山をやってると聞いていたので、一緒に歩けたら…と
ずっとチャンスをうかがっていたものの
お母さんのMさんは今年、PTAと保育園と学童と3つも役員をやっており
休日がことごとく役員会やら、の活動に占拠されている、とのこと。

今回、普段は週末もお仕事でいらっしゃらないというお父さんも
満を持して参戦!
f0131721_05055391.jpg
ゲートですれ違ったおじさんに鹿の角を頂きました。
f0131721_05075180.jpg
子供らは杖にしたり、バットにしたりとすぐに玩具になり
そのまま本沢温泉まで連れて行くことに。

「きのこ博士」のS氏は道すがら、道端にあるたくさんのいろいろな種類のきのこを
子供らに解説しながら歩き
子供らは見つけては「これは何て言いうきのこー⁉」と
博士に聞きつつ、ビニール袋に採取

そんなにとってどうするの?

今日の夕飯の鍋に入れよう


げ 大丈夫かしら…(#Д)y

f0131721_05090582.jpg
ビビりの次女は滑りそうだとへっぴり腰
f0131721_05101100.jpg
そんな次女を後ろで見ていた一番ちびっこのNちゃんも、ちょっとおっかない様子

12:00 本沢温泉着

大人数の割には意外にもスタスタ歩いて、この時間だったので
MさんとMちゃんと天狗に下見に行くことに♪

f0131721_05111830.jpg
初めての白砂新道
f0131721_05132513.jpg
子供はとうさんずと本沢温泉でお留守番。

今日は天気もよくて風もほとんどない絶好の山日和!
嬉しくて嬉しくて、お尻がムズムズ、早く稜線に出たーい
f0131721_05172241.jpg
「稜線まで 後15分」‼!!
ひゃっほーい、もう一息
f0131721_05162707.jpg
鬱蒼とした樹林帯をえっちらおっちら登っていくと
空が広がり…
f0131721_05184572.jpg
きゃー、なんて素敵な景色♡

石が本当に真っ白でまぶしてまぶして、目が痛かったー
f0131721_05195024.jpg
素晴らしい稜線にうっとり♡
f0131721_05202203.jpg
14:00 山頂 やったね!
f0131721_05204018.jpg
北アルプス、南アルプス、中央アルプス、ぜーんぶ丸見え♡

この絶景を奴ら(子供ら)に見せてやりたい、とMさんがつぶやく。

見せてあげようよ、明日 見せてあげようよ!

でもN(年少)は絶対無理だよ

そうだよね、厳しいよね
f0131721_05254411.jpg

自分の子供ならまだしも、人んちの子にまで無理強いは出来ないし、
とうさんずと検討だな、と下山し
15:30 本沢温泉到着


今朝は早起きしたから、昼寝しているかと思われた奴らは元気いっぱい、
オセロやらトランプやらして遊んでいた…

大人はキムチ鍋、子供は塩ちゃんこの夕食
う~、ビールのうまいこと♡

明日はひとまずみんなで行けるところまで行ってみて
ダメなら戻ってこよう、ということで満場一致。

おなかもいっぱいになり、19時半にはみんなでおやすみなさい~


10月1日 日曜日 快晴

4時起床、外は満点の星空‼
流れ星も見ちゃった♡

ごそごそ準備をしていたら起こしてもいないのに、
子供らがひとり、またひとりと起き出した‼

Kちゃん(年長)と次女(年中)は朝風呂へ。
あんなに熱いお湯なのに…
f0131721_23223042.jpg
外の気温は3度! 寒いっ!

f0131721_23283967.jpg
f0131721_23290576.jpg
今日もいい天気♡


6:05天狗目指して出発!
f0131721_23295102.jpg
いきなりの急登にいちばんのちびっこのNちゃんは泣き出してしまい
Mさんがおんぶすることに。


結構な段差がある登りなのに
Fちゃん、Kちゃん、長女は元気いっぱいでずんずん登っていく。

f0131721_23303776.jpg
もう少しで稜線に出る、と言うところであおいがぐずりだし
もう天狗には行きたくない、山は嫌だ、と泣き出す。

あ~、もはやここまでかなぁ、
あの稜線、今日も見たかったのになあ、と
わたしは半ば諦め始めていたが
お菓子と休憩で何とか誤魔化し、もう少しだけ、と進むことに。

f0131721_23352511.jpg
そしたらみんなでここまで来られちゃった‼

Finding Nimoでドリーが
「子供に何も起こらないようにしていたら、子供は何も出来なくなっちゃうわ」という趣旨の事を言うが
本当にその通り。

これ以上は出来ないとか、この子にはまだ危ない、とか
親が子供の可能性を限定してはいけない、と
長女が4歳半でここを歩いた時に痛感したことを、
改めて今日また感じた。
f0131721_23383966.jpg
天狗を登ってくときには、ずっと抱っこされていたNちゃんも自分で歩いていた!
f0131721_23395117.jpg
慎重にみんな渡っていき…
f0131721_23402749.jpg
8:40 東天狗 山頂‼
すごい、よくがんばったね!

今日も最高の山日和で北アルプスも南アルプスも丸見え♡
前日よりは多少強めだが、今日も風が大したことなくて、ラッキー。


下りは慎重に‼
f0131721_23411561.jpg
次女はここ、楽しい~、と大はしゃぎ

f0131721_23430311.jpg
この稜線、本当に気持ちいい♡

こんな絶景が見られて嬉しくてたまらないわ~
f0131721_23441267.jpg
全員で登ったよ、すごいでしょう~


下山が心配されたが、子供ら全員元気いっぱいで
Nちゃんも自分で歩きとおした!
f0131721_23444843.jpg
11:40 本沢温泉戻り


本沢温泉からは5人で手を繋いで仲良く歩いて降りてきた。
f0131721_23454032.jpg
お友達パワーはすごい、下山は誰もぐずらなかった!
f0131721_23465199.jpg
14:05 駐車場戻り

合計行動時間 7時間


Sファミリーは時折低山に登る程度、だったのに
FちゃんもKちゃんも、微塵も疲れを見せず
心配されたNちゃんも下山はずっと歩きとおした!

子供の可能性は計り知れない。



[PR]
# by santa31_07 | 2017-10-05 05:33 | | Comments(0)

6度目の木曽駒ヶ岳

この夏の家族山行は無謀な野望はたくさんありましたが
長女が「台風で稜線までしか行けなかった木曽駒に挑戦したい!」と
積極的な発言をしたので、
それならばとまずは木曽駒に向かうことにしました。

2017年8月12日 土曜日

3時 起床
3:50 出発
6:50 黒川平駐車場 菅の台駐車場は満車だった!

8:30 千畳敷
f0131721_06005008.jpg
何とか天気が持ちますように
f0131721_05132893.jpg

観光客も含めて、毎度のようにたくさんのひとで賑わっています。

f0131721_05575723.jpg
長女は風邪の病み上がりで調子が出ず、
一方次女はそんな長女を尻目にピョンピョン稜線まで駆け上がる。
f0131721_05592961.jpg
頭痛も伴い、なかなか登れぬ長女の様子から今日もまた3年前と同じく
稜線で撤退か、と不安がよぎる。


余裕の次女と、百名山6座目を何とかゲットしたいけど、
ちょっと厳しい感じの長女

f0131721_06024816.jpg
9:35 乗越浄土 このころはまだ青空も出た
f0131721_06040508.jpg
中岳らへんでは次女も、眠たい、眠たいを繰り返し
長女とともにスピードダウン
f0131721_06051805.jpg

もう目の前だけど、このペースだとまだあるなあ
f0131721_06062417.jpg
ガスってきてだんだん雲行きも怪しくなり
f0131721_06071590.jpg
それでも何とか辛うじて山頂までたどり着けた~イエーイ‼

11:10 ここまでずいぶんかかったわ


f0131721_06075541.jpg

下山時、ぽつりポツリポツリと来たかと思うと間もなく本降りになり
そんな中、眠気絶頂の次女が半分寝ながら歩いていたために、
段差の大きい箇所で落ち、左手を怪我する。

救急病院に連れて行かないといけないか判断が付きかねる中、
雨は土砂降り、子供たちはまだレインウエアを上しか着ていない。

慌てて下も履かせて、とりあえず下まで降りないと
f0131721_06085160.jpg

千畳敷まで戻ると、雨に打たれた登山者と観光客でごった返して
ロープウェイの整理券をやっとの思いで得たものの2時間も待たなければならない。


次女も落ち着いてどうやら病院には行かずに済む程度の怪我だった様子。

はぁ、よかった(*´Д`)

15:15 ようやくロープウェイに乗れる頃には
f0131721_06173885.jpg
青空も戻ってきて、これ以上濡れずに車まで戻れました。


与田切のキャンプ場でテントを張り、松川温泉で温まり
テントに戻るころにまた土砂降り。


お蔭で全てずぶ濡れとなったため
白馬大池まで行く野望もあったが
敢え無く打ち砕かれ
踏んだり蹴ったりの家族山行でした(´Д`)


[PR]
# by santa31_07 | 2017-08-20 06:22 |

聖岳~茶臼岳 最終日


2017年8月7日 月曜日 9時ころまで晴れ、それ以降台風5号の影響で暴風雨

前夜、たくさん寝たので眠れないかも、と心配だったものの
ぐっすり眠れ、
隣の鹿児島から来たソロの男性が2時45分くらいにトイレに行ったので
目が覚める。

起こしてもいないのに隣のさっちーも目が覚めた。
以前はあんまり早くから活動するとスパルタだ、と非難されたものだが…。

自炊室を貸し切れ、チャチャっと朝食を済ませ、3:50茶臼小屋発

f0131721_15430588.jpg
真っ暗なのに、東の方向には富士山が‼


f0131721_15441328.jpg
小屋から少し登り返して分岐に出る。
f0131721_15451231.jpg
空がオレンジ色に染まりつつ

f0131721_15455713.jpg
空全体も明るくなって

f0131721_15463684.jpg
真ん中に奥聖も見えてきた。

4:30 茶臼岳到着
f0131721_15471927.jpg

明るくなって稜線が見えてきた。 この稜線、気持ちがいいわ~♡

f0131721_15475800.jpg
これ以上下ると聖が見えなくなっちゃう前に
また来るねー、ありがとうー!と叫ぶ。

さっちーは今回残念ながら行けなかった、残りの百名山8座中のひとつ
光に向かって
「待っててねー!」
f0131721_15484221.jpg
5:00 茶臼小屋

朝日が眩しい、近づいてきている台風5号が心配なのでさっさと撤収!
f0131721_15504462.jpg
茶臼小屋からの下山道は全般的に細くて急。
太ももがひいひい悲鳴を上げ続ける。
f0131721_15515591.jpg
6:20 横窪沢小屋


f0131721_15525985.jpg
親切な管理人さんがお茶とスイカを恵んでくれた♡

f0131721_15541763.jpg
すいかー‼
わたしの大好きな果物のひとつ♡


f0131721_15545046.jpg
一期一会のTシャツを着た、気前のいい管理人さんでした。

出して頂いたスイカを全部食べ‼ 満腹になって再び下山。

急で滑りそうな階段

f0131721_15562573.jpg
朽ちかけている橋、釘がぬけてて片側に体重を乗せると向こう側が持ち上がってきてビックリ!

f0131721_15573451.jpg

朽ちかけた吊り橋を何度も渡る。
f0131721_15583434.jpg

8:30 ヤレヤレ峠

吊り橋や階段のみならず、わずかに両足が乗る程度の細い道を慎重に降りてきたので
本当にヤレヤレ~ ┐(´д`)┌ヤレヤレ
f0131721_15591653.jpg
畑薙大吊橋に出た! おっかなーい!

f0131721_16005287.jpg

遠くを見ようと注意をそらしても、したが見えちゃっておっかなかった‼

橋の途中でカメラを出すのに、落っこどしそうでひやひやだった。

f0131721_16012843.jpg

9:10 茶臼小屋登山口

合計行動時間5時間

この登山道は全般的に聖沢と比べて整備が若干足りないかな、という感じ。
聖沢は本当に歩きやすかったけど、
こっちはきっつかった!

登りはもっとしんどいでしょう。

このあと、白樺荘で打ち上げ♡
f0131721_16041349.jpg
白樺荘はTJARの結果報告のポスターがあり

f0131721_16045386.jpg
望月将吾さんは井川の星、なんだそうな。

そりゃ、スターだよね☆★

台風の影響で帰りの道が一部通行停止になり
帰れないかも、と不安になるが
毎日アルペン号の運転手さんの高い運転技術と度胸により
奇跡的に無傷で帰ってこられました。


無事に聖にも上れ、最高の景色を堪能出来て、
おまけに怪我ひとつなく帰ってこられた、ありがたい。


またこの過酷な、雄大な山域に、
フレンドリーで寛大な管理人さんたちがいるこの山域に来られる日が来るのかな、
出来れば40代のうちがいいな、
そんな幸せな山行がいつかまたできますように。



[PR]
# by santa31_07 | 2017-08-11 16:17 | | Comments(0)

聖岳~茶臼岳 2日目

今日はいよいよ聖に登ります♡


2017年8月6日 日曜日 10時ころまで快晴、その後曇りのち雨

3:08 起床 周りがざわざわし始めたので目が覚める。

前日夕飯時に頂いたお稲荷弁当とたまごスープの朝食をとり、
4:05 聖平小屋を出発


まだ真っ暗な中、ヘッデンの明かりだけが頼り

しばらくすると

f0131721_06152378.jpg
きゃー、富士山が顔を出してる♡

f0131721_06170768.jpg
オレンジに染まる空が素晴らしい。
f0131721_06174715.jpg
聖光小屋方面への分岐に出た。

f0131721_06190110.jpg
だんだん富士山も大きく、遠くの空は明るくなっていき
f0131721_06194104.jpg
ガシガシ登っていきます。
f0131721_06200396.jpg
昨日の雨で道がしまっていて歩きやすい。

5:15 小聖
f0131721_06205374.jpg
もうすっかり明るくなっているが、進む登山道は日陰となっており歩きやすい。

f0131721_06220423.jpg
ヒイヒイ言いながら、まだまだ登ります。

f0131721_06224904.jpg
富士山も目の高さに上がってきた。


ラスト15分くらいで涼しい日陰エリアが終わってしまい、燦々と陽に照らされるが
まだ暑くはない。

そしてー!
6:25 聖岳到着♡


f0131721_06232426.jpg
この景色をこんな天気でまた見られるなんて、もう幸せ♡

f0131721_06252992.jpg
やったー、やったー、うれしいよう!
f0131721_06260389.jpg
聖平小屋で購入した、ばくだんおにぎり。 大きさがわかるかしら?
f0131721_06270651.jpg
百閒洞の小屋がはっきり見える! めちゃくちゃ下りちゃうのね。
f0131721_06275511.jpg
目の前の赤石岳の、赤石避難小屋も見える! また榎戸さんに会いたーい♡
f0131721_06284994.jpg
甲斐駒もくっきり、その先には槍ヶ岳も見えた。

f0131721_06293620.jpg
やっぱり富士山でしょう。
f0131721_06301818.jpg
百名山92座目のさっちー、残り8座!

いつまでもこの絶景を見ていたいが、今日は茶臼岳までいくので後ろ髪をひかれる思いで
聖平小屋へ戻る。

f0131721_06310966.jpg
もうすでにほとんどの登山道が日に照らされている。
早起きしてよかった♡

8:10 聖平小屋 なんと3杯目のフルーツポンチを頂く♡
f0131721_06325760.jpg
これで上河内岳への登り返しの元気が出るわー

この時間にビールを購入しようとする女性に、この先がまだあるなら売りたくない、と
突っぱねた管理人さん、その姿勢は素晴らしい。


親切で豪快な管理人さんにまた来るね、と約束して8:45 聖平小屋出発

f0131721_06363112.jpg

聖と上河内岳への分岐

聖へは軽身で行ったので、ザックの重みが染みる。
f0131721_06370574.jpg
振り返って仰ぎ見る、聖岳のその雄大な姿に見とれるわ。
f0131721_06453433.jpg

あんな高いところについさっきまでいたなんて…

この時点ではまだガスっていなかったので、聖の全身が見られれて本当にラッキー‼

f0131721_06380948.jpg

その後、だんだんガスが立ち込めてきて
f0131721_06395009.jpg

南岳山頂でポツリポツリと降ってきちゃった。
f0131721_06404705.jpg

11:00 上河内岳
f0131721_06422397.jpg
ここで4時に易老渡手前の仮設駐車場を出て、聖に登ってからここまで来たというトレランの男性に会う。

4時って言ったら我々も同時刻から行動していますけど…

彼の装備の軽さに、我々は消費以上に摂取しているんだろうね、と痛感。
そんなこと分かっても食べますけど。

12:25 茶臼小屋到着


f0131721_06461240.jpg

小屋の入り口には
f0131721_06502979.jpg
TJAR参加者のサインが。 談話室には望月将吾さんのポスターやサインも。


まずは宴会、おでんの大根を購入♡ おいしい♡
f0131721_06512930.jpg
17:00 夕食

f0131721_06523823.jpg
お刺身♡お肉♡ゼリー♡

スープは3杯もお代わりしちゃった、うふ。


前日、たくさん寝たので今日は長い夜になるかなー、と言うのは杞憂でした。

夜中、風が強くてこんなんじゃ明日稜線に出るのは厳しいかな~と不安になる。

3日目に続く。


[PR]
# by santa31_07 | 2017-08-11 06:55 | | Comments(0)